速聴も始めて見た

スポンサーリンク
はじめてみた
スポンサーリンク

時間の価値は認識しにくい・・・

今日は速聴の話。

 

読んで字の如く、速く聴くこと。

 

普段テレビを録画してみる私は、現在のブルーレイでできる1.3倍速で番組を見ています。

 

同じ番組でも、1.3倍速くみることができるので、時間も有効に使うことができます。

 

お金はお得感がよくわかります。ネット検索をして、同じ物でも、サイトによって値段が異なります。すこしでも安い方にいこうとするのが、人間の性ってもの。

 

だけど、時間のお得感ってなかなか感じにくいですよね。

あなたの1時間は私にとっても1時間。

 

じゃあ時間の価値って何かというと、時間内に何をやったか?だと思います。資格をとりたいと思っている人が、1時間ゴロゴロ過ごすのと、1時間机に向かって勉強するのはどちらが価値があるでしょう?

この場合は後者ですね。(資格をとりたい人という制約条件をつけているからです。例えば筋トレした後に、早く回復したいという人だったら、前者になるかもしれません。)

 

好きなテレビ番組をたくさん見たいなら、CMも飛ばせて、倍速で再生できるブルーレイの方が時間が効率的に使えると思います。

 

何が言いたいかというと、時間内にできることを増やした方が人生得するのでは?と私は思っています。

 

その中で、高速音読などをご紹介していましたが、もう1つ最近始めたのが最初にでた速聴です。

 

とりあえず速く聴いてみる・・・

速聴についても、脳の処理速度をあげるトレーニングと言われています。早い速度で話されていることを、理解していくことは、かなりのトレーニングになります。

 

ただ先ほど言ったテレビの1.3倍速とかではあまりトレーニングにはならないので、私が活用しているのは本を聴くサービス。

 

有名なのはアマゾンが提供するオーディブルですかね。本もみる時代から、聴くこともできる時代、それを利用して、私は速聴のトレーニングをしています。

 

私の使用しているアプリはオーディオブック。

 

オーディオブックとオーディブルの違いは、読み放題があるかどうか。

オーディブルの方が、アマゾンが提供するだけあって、取扱の冊子数はかなりのものです。ただ、月1冊しかタダで読めず、月1500円かかります。

 

オーディオブックについては、月750円で聴き放題です。※すべてではないですが。

 

また、オーディブルは3.5倍速までに対し、オーディオブックは4倍速まで行けるので、速聴したいという目的の私は、気軽にいろいろな本を4倍で聴ける、オーディオブックにしました。

 

理解しようとせず聴いてみる・・・

4倍で聴いてみると、正直全てを理解するのは難しいですが、とりあえず聴いていると、4倍速でも理解できる内容があります。

 

何を言っているのかわからなくても聴いていると、理解できることが増えていきます。

 

そのトレーニングを続けていくと、今まで人と話していた際に理解できなかった内容が、理解できるようになっていけると思います。

 

現に、私も会社のミーティングで、言っていることを理解できることが増えてきて、テンションが密かに上がっていました。

 

実際に効果が現れてくるのはまだまだ先なのかもしれないのですが、ここ2−3日続けただけで体感できているのは、1つ即効性のある脳トレなのかと思っています。

 

前回ご紹介した高速音読と一緒にぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

それでは今日はここまで。ありがとうございました。

 

 

高速音読についてはこちら

高速音読をはじめてみた
なんとなく頭がすっきりしない・・・ 新年度も始まり、もう5日目。 春だからか、頭が重たいというか、あまり考える作業ができない状況です。 新天地で緊張感を持って働いている、という感じもなく、 ただ見えている社内調整...

 

高速音読が最強の脳トレかどうか考えてみる
頭のもやが晴れる高速音読・・・ 前回の記事で高速音読を始めたことを記載しました。 控えめに言って、これはかなり良習慣です。 平日などは朝起きたらもやもやした気持ちがあると思います。 私もそ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました