勉強法を考えてみた。続き。

スポンサーリンク
勉強してます
スポンサーリンク

ipadで勉強するには用意が必要・・・

勉強法を考えてみた。(ipadでの勉強がかなり便利!)
ITの発展とともに増える勉強法・・・ 今日は勉強法のお話。 昔は机に向かってテキストに向かってカリカリと勉強をする方法しかありませんでした。 ただITの発展で、PCやスマホ、タブレットなど通信での勉強もかなり増えてきています。...

前回の記事の続きです。

といってもそんなに目新しいことは書いていませんのでご注意を。(笑)

まずは注意ですが、私はiphone および ipad等Apple製品を使用しています。
信者ではないと思うのですが、Apple製品がかなり多くなっています。学生時代にipodを買ってから、Apple製品が好きでしたが、ドコモユーザーであり、当時はドコモだけiPhoneを頑なに発売しなかったため、iphoneデビューはiphone8からという遅咲きでした。

ただそれ以降はipad pro、Apple Watch、Apple Pencil、HomePod mini、MacBookなど、Apple信者と言われるくらい色々なものを買っています。(Apple信者ですかね・・・笑)

Apple製品の便利なのは同期がものすごい楽な点です。これが勉強にものすごい役に立ちます。(Android製品でもできるかもしれませんが、私は知識不足で分かりませんので、ここではipad等Apple製品のみでの説明です)

本題です。勉強のために私が使用しているのは、iphone、ipad pro(proじゃなくても大丈夫ですが、Split Viewが使えることが必要)、Apple Pencilの3点とノートアプリGood Note5です。

これだけあれば、ipadを活用した勉強ができます。

やり方は簡単。紙ではなくPDFベースで勉強するだけ・・・

これだけ準備できたらあとは、勉強を開始するだけ。

私のやり方は以下の通りです。

●問題を解く時

  1. 問題集等勉強したい資料のPDFをGoodNote5におとす
  2. SplitViewで左側にそのPDFを写しながら、右側にGoodNoteの白紙のノートを映す
  3. 問題を解き、右側は計算や気になったことを殴り書きしていく

●通信講座を受ける時

  1. SplitViewで左側に講義動画、右側にノートを映す
  2. 講義を進めながら気になる点を右側のノートにメモをしていく

以上が勉強で活用をしている方法です。ね、簡単でしょ?

で、ここからが大事です。

まずGoodNoteはiPhoneでも同期して見ることができるので、暇があったらGoodNoteを開いてみることです。これだけで勉強をしない日が格段になくなります。

また、iPadはテキストを手で持ちきれないくらいもてるので、別の教科を勉強したいというときでもいつでもできるので、飽きたら違う勉強ができます。

大事なのは毎日勉強ができるかどうか・・・

紙でもデータでも正直勉強の効果は変わらないかもしれませんが、一番大事なのは毎日勉強をつづけることだと思います。それだけで、勉強の7−8割は成功したと言っても過言ではないと思います。

これで受かるかはわかりませんが、一番重要なのは勉強習慣をつけること。それにより、合格する率はグッと高まると思います。

まぁ診断士試験はまだ受かってませんが苦笑。診断士の後半の勉強ではiPadで勉強していたので、少しでもiPad効果を期待しつつ・・・今日はここまでとします。

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました